カロリーと糖質を見つめ直して痩せました ユニークなダイエット方の展開。1人はカロリー、もう1人は糖質を考え直すところから話は始める。どちらが一生の間中デブ体系に悩まされることになるのか?
  • ボニック使用時の注意点

    自宅で気軽にボディケアができるボニックは、今話題のボディケア器具です。

     

    そんなボニックを使用する際には注意点がありますので、よく読んで下さいね。

     

    以下の方々はボニックを使用しないで下さい。

    機器が誤作動を起こす危険があります。

    ペースメーカー、人工心肺、心電計などを使用している方。

     

    さらに、皮膚に異常があった時、飲酒後、激しい疲労時、感覚・知覚に障害がある方も

    ボニックを使用しないで下さい。

     

    ボニック使用前に医師に相談されることをお薦めする方は以下の方々です。

    現在何かの治療をされている方、妊婦さん、金属アレルギーの方。

     

     

    「皮膚の異常」とは様々ありますが、一般的には以下の状態です。

    ・炎症したニキビがある場合

    ・日焼けによる炎症がある場合

    ・アトピー性皮膚炎やアレルギー体質による敏感肌

     

     

    さらにボニックには使用してはいけない部分があります。

    それは以下の通りです。

     

    ・眼球部分の瞼や耳

    ・傷のある部位

    ・粘膜部位

    ・身体の内部に金属・プラスチック・シリコンなどが入っている部位

    ・喉仏の周り など

     

    そして、お子さまがボニックを使用することも禁止となっています。

     

     

    以上のように、ボニックを使用する上での注意点をしっかりチェックしておくことが大事ですね。

     

    健康な方がボニックを使用すれば、その効果はバツグンです。

    お腹、お尻、太ももなど気になる部分のボディケアに、是非お試し下さいね。

     

    ボニックを正しく使って、貴女もダイエットしちゃいましょう。

    Published on 1月 22, 2014 · Filed under: 筋膜; Tagged as: ,
    コメントは受け付けていません。

Comments are closed.